ルプルプエッセンスカラートリートメント乾いた髪トップ

本ページはプロモーションが含まれています

LPLP(ルプルプ)

ルプルプエッセンス カラートリートメントを乾いた髪で試してみました!

LpLp essence(ルプルプエッセンス)カラートリートメントを乾いた髪で試してみたので紹介します。

ルプルプエッセンス カラートリートメントは、濡れた髪の方が染まりやすいようですが、乾いた髪だとどうなるのか?と思い試してみました。

この記事では、下記のことをお伝えしています。

  • ルプルプ エッセンスは、乾いた髪でも使えるのか
  • ルプルプ エッセンスを乾いた髪に使って白髪染めしている様子
  • ルプルプ エッセンスを乾いた髪に使って感じたこと
  • ルプルプ エッセンスは、素手で触るとどうなるか

それでは、ご覧ください!

ルプルプ エッセンスカラートリートメントは乾いた髪でも使える!

ルプルプエッセンスカラートリートメント乾いた髪
引用元:ルプルプ公式(https://www.626214.com/)

まずは、そもそもルプルプ エッセンス カラートリートメントは、乾いた髪でも使えるのかの確認です。

ルプルプエッセンスの公式ページを確認すると濡れた髪でも乾いた髪でも染めることができることが確認できます。

Q&Aをみてもルプルプエッセンスは、濡れた髪でも乾いた髪でも同程度に染まるように設計されていると記載されています。

ただし、乾いた髪の場合は、塗布ムラや染め上がりにムラが生じてしまうことがあり丁寧に塗布したほうがいいです。

また、濡れた髪の方が、キューティクルが開いてマイナスイオンが増えるためキレイに染まる(髪表面を着色)ようです。

では、ルプルプ エッセンスカラートリートメントは、乾いた髪に使わない方がいいのかの確認です。

ルプルプエッセンスカラートリートメント乾いた髪と濡れた髪
引用元:ルプルプ公式(https://www.626214.com/)

画像のようにピンポイントで染める(部分染め)場合は、乾いた髪で使うのがよさそうです。

理由としては、乾いた髪の方が白髪を確認しやすいからです。

注意点としては、皮脂や整髪料などが付いていると染まりにくくなってしまう点です。

それでは、ルプルプ エッセンスカラートリートメントで白髪の部分染めをやってみたので、その様子をお伝えします!

ルプルプ エッセンスカラートリートメントを乾いた髪に使って白髪の部分染めにチャレンジ!

白髪染めをする前

まずは、染める前の白髪の状態です。

額のあたりがかなり白くなっていますので、ここをルプルプ エッセンスカラートリートメントで染めてみます。

使用した色は、ウォルナットブラウン(ダークブラウン)です。

染まりやすさは、個人差があるので、一例としてご覧ください!

ルプルプ エッセンスカラートリートメントの部分染め【1回目】

ルプルプエッセンスカラートリートメントを手にとる

白髪の部分染めなので少量を手に取ってやってみました。

他社のカラートリートメントの注意書きを見て手を濡らしていますが、ルプルプ エッセンスカラートリートメントは、手袋をつけることを推奨しています。

この点は、後ほど画像を使って紹介します。

ルプルプエッセンスカラートリートメントで染めている途中

先ほど手に取ったルプルプ エッセンスカラートリートメントを白髪の部分に塗布しました。

市販の白髪染めを使う時のツーンとしたやな匂いは、ありません。

メーカーのうたい文句では、「3分で」となっていますが、説明書を見ると染まり具合は、個人差があるので5~10分くらいで調整するのがよさそうです。

ただし、染める時間を長くする場合でも10分程度にしておくのがいいようです。

ルプルプエッセンスでの白髪染め1回目は、テストも兼ねているので放置時間は、5分にしました。

ルプルプエッセンスカラートリートメントで白髪染め1回目

5分経過したので洗い流した後にシャンプーとコンディショナーで洗髪しました。

洗い流すときは、お湯に色が付かなくなるまで流します。

風呂場への色移りを確認しましたが、特に着色してしまった部分はありませんでした。

部分染めで少量だったから、というのもあるかもしれません。

ルプルプエッセンスカラートリートメントでの白髪染め1回目ですが、第一印象としては、「思ったよりも染まってない」です。

しかし、白髪が少し目立たなくなり、染める前と比べると少し着色できているのが確認できました。

白髪染め1回目の前後

白髪染めをする前と1回目の白髪染めが終わった後の画像です。

「1回でしっかり染まる」とまではいきませんでしたが、比べてみると着色できたのが分かります。

2回目は、もう少し放置時間を長くして試してみます。

ルプルプ エッセンスカラートリートメントの部分染め【2回目】

ルプルプエッセンスカラートリートメントで白髪染め2回目

ルプルプエッセンスカラートリートメントでの白髪染め2回目の結果です。

1回目の放置時間(置き時間)は、5分にしましたが、2回目は、10分で試してみました。

まだ白い毛が残っていますが、徐々に色が付いてきました。

白髪染め2回目まで

染める前から2回目までを並べてみました。

乾いた髪だと1回でしっかり染まるということはありませんでしたが、徐々に白髪が目立たなくなってきました。

ルプルプ エッセンスカラートリートメントの部分染め【3回目】

ルプルプエッセンスカラートリートメントで白髪染め3回目

ルプルプエッセンスカラートリートメントでの白髪染め3回目の結果です。

まだ、少し白髪が見えていますが、目立たない状況にはなりました。

ルプルプエッセンス染め具合の確認

ルプルプエッセンス カラートリートメントで染める前と1~3回目の写真を並べてみました。

写真の具合でわかりにくい部分もありますが、染める前と3回目では、明らかな違いがあります。

ルプルプ エッセンスカラートリートメントは、乾いた髪でも白髪が目立たなくなるくらい染まる(髪表面を着色)ことが確認できました!

ルプルプ エッセンスカラートリートメントを乾いた髪に使って感じたこと!

ルプルプエッセンス乾いた髪の結果

ルプルプエッセンスでの3回目の染毛が終わった後にブラシを通してみましたが、画像のように白髪は、目立たなくなりました。

今回染めたのは、耳より前側なので、耳の上あたりにある白髪は、今回は、染めていないのでそのまま残っています。

ルプルプ エッセンスを乾いた髪に使ってみて感じたことですが、それほど手間ではなかったので、これくらい染まれば、十分かなと感じました。

ただし、ルプルプエッセンスは、トリートメントの効果も期待できるので、部分染めだけだともったいないように感じます。

ポイント白髪染めなどと組み合わせるのもいいかもしれません。

ルプルプエッセンスの口コミ・評判は、下記の記事で紹介していますので詳しく知りたい人は、ご覧ください!

【新商品】ルプルプ エッセンスカラートリートメントを使ってみた私の口コミ!

ルプルプ エッセンスカラートリートメントは素手で触るとどうなるか

ルプルプエッセンスカラートリートメントを素手で

ルプルプ エッセンスカラートリートメントを素手で触るとどうなるかを試してみました。

部分染めは、手軽にできるといいなと思い手袋を付けずにやってみましたが、手にかなり色がついてしまいました。

手を洗ってどれくらい色を落とせるかをやってみます。

ハンドソープで洗った後

ハンドソープで手を洗った後の画像です。

まだ色が残ってしまっていますが最初の状態よりましになりました。

シャンプーをした後の手

シャンプーをした後の画像です。

色はほとんど落ちました。

ルプルプ 爪の汚れ

手のひらの色は、ほとんど落ちましたが、爪の間には色が残っていました。

手を洗えば徐々に色は落とせそうですが、人によって肌の状況も違うので、手袋をした方が無難ですね。

ルプルプエッセンスには、それだけ着色する力があるということですね!

ルプルプ エッセンス カラートリートメントを乾いた髪で試した結果のまとめ

この記事では、ルプルプ エッセンス カラートリートメントを乾いた髪で白髪染めをした結果をお伝えしました。

1回目は、思ったより染まらなかったという印象を受けましたが、回数を重ねるに従い白髪が目立たなくなりました。

1回で十分とまではいきませんでしたが、ルプルプエッセンス カラートリートメントは、乾いた髪で部分染めができることが確認できました。

ルプルプエッセンスを濡れた髪でも使っていますが、下記の記事で詳しく紹介しています。

【新商品】ルプルプ エッセンスカラートリートメントを使ってみた私の口コミ!

-LPLP(ルプルプ)