利尻カラーシャンプーの違いトップ

本ページはプロモーションが含まれています

シャンプー 利尻

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーの違いを実体験を交えて紹介!

この記事では、利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーの違いを実体験を交えて紹介しています。

実際に2つのカラーシャンプーを使ってみた感想をまじえて伝えていますので、違いが気になるという方は、是非ご覧ください!

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーの向き不向きの違いは無し!

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーでは、「どのような白髪のタイプに向いているか」の違いはありませんでした。

下の表のとおり白髪タイプ別の利尻カラーシャンプー・炭酸カラーシャンプーの向き不向きは同じです。

白髪のタイプ利尻カラーシャンプー利尻炭酸カラーシャンプー
白髪が全体的に多い
白髪が一部にまとまって多い
白髪が全体的にちらほらまばら
白髪の生え際やもみあげ
※メーカーの情報をもとに作成

白髪が1部にまとまって多い場合は、利尻カラーシャンプーも利尻炭酸カラーシャンプーも少し不向きですが、そのほかは、どちらのカラーシャンプーを選んでも良さそうです。

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーは、どのような人に向いているかについては、違いがありましたので表にしました。

利尻カラーシャンプー利尻炭酸カラーシャンプー
ツヤ・手触りを良くしたい
ハリ・コシ・ボリュームがほしい
一度目からキレイに仕上げたい
お風呂で簡単にケアしたい
生え際の白髪も毎日ケアしたい
※メーカーの情報をもとに作成

ハリ・コシ・ボリュームがほしい」の項目で違いがありました。

ペタンとしてボリューム感がないと感じている場合は、利尻炭酸カラーシャンプーの方が向いています。

ただ、利尻カラーシャンプーと炭酸カラーシャンプーでは、大差はないという感じですね。

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーのカラーバリエーションの違い!

利尻カラーシャンプーカラーバリエーション
引用元:自然派club サスティ(https://www.sastty.com/shop/default.aspx)

利尻炭酸カラーシャンプーと利尻カラーシャンプーでは、カラーバリエーションに違いがあります。

利尻カラーシャンプー利尻炭酸カラーシャンプー
ブラック
ダークブラウン
ナチュラルブラウン
ライトブラウン

利尻炭酸カラーシャンプーは、2色のみでナチュラルブラウンとライトブラウンは、ありません。

明るめのブラウンや赤みのあるブラウンを選びたい人は、利尻カラーシャンプーを選びましょう。

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーの洗った感じの違い!

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーでは、髪・頭皮を洗った感じに違いがありました

口コミにもありましたが、利尻炭酸カラーシャンプーは、キシム感じがします。

髪質にもよると思いますが、利尻カラーシャンプーを使ったときは、キシミは、ほとんど感じませんでした。

私の髪質では、この違いは、はっきりと感じました。

利尻カラーシャンプーは、シャンプーだけでもいいかなと思っていましたが、利尻炭酸カラーシャンプーは、コンディショナーやトリートメントがあったほうがいいかなという印象です。

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーの容器の違い!

利尻炭酸カラーシャンプー容器
利尻炭酸カラーシャンプー

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーでは、容器に違いがあります。

利尻カラーシャンプーは、プラの容器ですが利尻炭酸カラーシャンプーは、高圧ガスを使うのでアルミの容器になっています。

利尻カラーシャンプー容器
左:利尻カラーシャンプー  右:利尻炭酸カラーシャンプー

自治体ごとのごみ分別のルールによっては、利尻炭酸カラーシャンプーの方が捨てる手間が少しかかりそうです。

利用者の口コミを見ると穴をあけて廃棄しようとしたら残りの液で汚してしまったという記載がありました。

利尻炭酸カラーシャンプーで残りのガスを抜く必要がある場合は、注意した方が良さそうです。

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーの泡立ての違い!

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーの泡立ち
左:利尻カラーシャンプー  右:利尻炭酸カラーシャンプー

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーの泡立ての違いについてです。

利尻カラーシャンプーは、液体なので手にとった後、髪に乗せてから泡立てます。

一方で利尻炭酸カラーシャンプーは、高濃度炭酸の効果で泡立て不要です。

手にとる段階で、きめ細かい泡の状態になっています。

利尻炭酸カラーシャンプーは、泡立ての手間を減らすことができますね。

また、極小のきめ細かい泡が髪1本1本にしっかりと密着して染めムラを減らしてくれます。

きめ細かい泡だと伸びはどうかな?と思っていましたが、髪全体にしっかりと泡を付けることができました。

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーの匂いの違い!

利尻炭酸カラーシャンプー香り
引用元:自然派club サスティ(https://www.sastty.com/shop/default.aspx)

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーは、匂いの違いがあります。

利尻炭酸カラーシャンプーは、シトラスハーブの香りです。

実際に使ってみると強いにおいではなく、泡立てをしているとほのかに香るという感じです。

一方で利尻カラーシャンプーの匂いについての記載は見つかりませんでしたが、実際に匂いを嗅いでみるとほぼ無臭です。

匂いを気にするかどうかでどっちを選ぶか変わりそうですね。

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーの染まり具合の違い!

利尻カラーシャンプー、炭酸シャンプー違い

上の画像は、利尻カラーシャンプー・利尻炭酸カラーシャンプーともに20回使った後の髪の状況です。

条件が違うので比較にはなりませんが、参考として掲載しました。

条件が違うので厳密な比較はできませんが、染まり具合については、利尻炭酸カラーシャンプーの方が若干染まりやすいように感じます。

利尻炭酸カラーシャンプーの方が髪を洗ったときの手の着色が多い印象です。

利用者の口コミでも今までのカラーシャンプーより染まると感じている人がいました。

利尻カラーシャンプーや利尻炭酸カラーシャンプーは、使う量やしっかり泡立てることがキモとなるので、最初から細かい泡になっている炭酸カラーシャンプーの方が髪1本1本にいきわたりやすいのかもしれません。

大きく違うわけではありませんが、染まり具合を気にする場合は、利尻炭酸カラーシャンプーのほうがどちらかというとよさそうです。

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーのその他の違いについて!

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーの違いをお伝えしてきましたが、その他、違いがあるか確認してみましょう。

利尻カラーシャンプー利尻炭酸カラーシャンプー
価格(1本の場合)3,850円(税込) ※200mlの場合3,850円(税込)
内容量200ml180g
お徳用サイズ500ml/8,690円(税込)

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーで価格の違いはありませんでした。

内容量については、単位が違うため単純には、比較ができませんでした。

違いと言えることとしては、利尻カラーシャンプーには、お徳用サイズがあります。

アルミ缶の利尻炭酸カラーシャンプーだと難しいのかもしれませんが、プラボトルの利尻カラーシャンプーでは、500lmが販売されています。

容量が2.5倍で価格は、8,690円(税込)です。

200mlの利尻カラーシャンプーが3,850円(税込)なので、2.5倍の容量で「9,625円-8,690円」で935円お得になります。

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーのどっちを選んだ方がいい?

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーのどっちを選んだ方がいいかについて私の考えをお伝えします。

あくまでも私の考えですが、選ぶ際の参考にしてください。

利尻炭酸カラーシャンプーを選んだ方がいい人

利尻炭酸カラーシャンプーを選んだ方がいい人についてです。

  • 少しでも手軽に白髪染めをしたい
  • シャンプーの香りにもこだわりたい
  • ハリ・コシ・ボリュームがほしい
  • 髪や頭皮を健やかにしたい

利尻炭酸カラーシャンプーは、濃密泡の状態で出てきますので泡立てが不要です。

手間をかけずに白髪ケアができます。

ただし、手の着色を気にして手袋をつけている人もいるようなので、手間がかかってしまう場合もあるようです。

利尻カラーシャンプーより染まり具合がいいのか、利尻炭酸カラーシャンプーの方が手への着色が多いように感じます。

ただし、口コミを見ると染まり具合に満足している人は多いので、洗う・染める+頭皮ケアも考えたい人には、利尻炭酸カラーシャンプーの方が向いてます。

利尻カラーシャンプーを選んだ方がいい人

利尻カラーシャンプーを選んだ方がいい人についてです。

  • 匂いは無い方がいい
  • 缶の廃棄が面倒
  • キシミを気にする
  • 泡立ての手間は気にしない
  • お徳用のサイズで購入したい

利尻炭酸カラーシャンプーは、シトラスハーブの香りですが利尻カラーシャンプーは、匂いがほぼしません。

シャンプーの匂いは無い方がいいという人は、利尻カラーシャンプーの方がいいですね。

また、利尻炭酸カラーシャンプーの口コミを見るとキシミを感じている人がいるようです。

髪質にもよると思いますが、キシミを気にする場合は、利尻カラーシャンプーの方が良さそうです。

私も実際に利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーを使ってみましたが、利尻炭酸カラーシャンプーの方がキシミを感じます

できればシャンプーだけで済ませたいという場合は、利尻カラーシャンプーの方が良さそうです。

利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーの違いのまとめ

この記事では、利尻カラーシャンプーと利尻炭酸カラーシャンプーの違いを紹介しました。

利尻カラーシャンプー利尻炭酸カラーシャンプー
ハリ・コシ・ボリュームばほしい
匂いほぼ無臭シトラスハーブの香り
泡立て必要不要(※)
カラーバリエーション4色2色
容器プラボトルアルミ缶
その他頭皮潤い成分配合
※炭酸カラーシャンプーの泡立ては、不要としましたが、髪全体へ泡を広げるという工程は必要

利尻カラーシャンプーは、実際に使って紹介をしていますので下記記事もあわせてご覧ください!

利尻ヘアカラーシャンプーを使った私の口コミ・写真付き体験談!染まらないなどの悪い評判は本当?

-シャンプー, 利尻